• 会員登録する
  • 会員ログイン
ユーザーID:
パスワード:
  • トップページ

ひぜんなおわし

肥前名尾和紙

所在地 〒840-0205
佐賀市大和町大字名尾4756 
Tel 0952-63-0334
Fax 0952-63-0354
代表者 谷口 進 (たにぐち すすむ)
創業 1876(明治9)年
従業員 4 人
企業ウェブサイト http://www.naowashi.com/
業種
  • 製造業 : パルプ・紙・紙加工品
  • 事業内容・実績
  • 自社が対応している分野
  • 製造能力
  • ギャラリー
  • その他

事業内容・実績

事業内容
手すき和紙製造・販売
提灯紙・障子紙・和紙パッケージ
企業PR・セールスポイント
名尾の地に紙漉きの技法が伝わり、三百年ほどになります。
今も、なお原料の「梶の木」の栽培から製造まですべて
手作業で行っております。また、原料にこだわる「名尾紙」は
繊維が長く紙質も強いため、現代においても壁紙などの内装関係
食品や菓子メーカーのパッケージ等にも愛用されております。また、トライアル商品としての
卒業証書(透かし入)にも力を入れております。
主要取引先(または業種)
村岡屋、八頭司伝吉、ふくや、卵屋
■ 以下の内容を記載の上、送信ボタンをクリックすることでお問い合わせの内容が担当者にメール送信されます。
■  マークが付いた項目は必ず入力してください。
お問い合わせ先
肥前名尾和紙
お名前 
メールアドレス 
会社名
電話番号
FAX 番号
件名 
お問い合わせ内容 

※全角500文字以内で入力してください。

自社が対応している分野

  • 技術力・取扱品アピールポイント、セールスポイント

    佐賀県・佐賀市のトライアル商品として「梶の木」を原料とした和紙に
    透かしの模様をいれる技術を確立する。繊維の長い原料に透かしを
    いれるのは、困難とされるなか、印刷業とのコラボレーションし、佐賀市内
    佐賀県内の小中高等学校などの卒業証書を提示し、伝統技術の新たなスタートとして、伝統文化をPRしている。

製造能力

ギャラリー

その他

  • 企業間交流

    印刷業者との「透かし」の型の開発
  • トップページ
  • メニュー
  • サイトマップ

© 2006 Saga City. All rights reserved.